事業譲渡するメリット|新たな経営者を決める

ウーマン

整形外科医の独立の手法

ドクター

手術やリハビリのノウハウが活かせる整形外科の専門医は、独立にも意欲的であり、40歳までに開業を実現する事例も豊富です。スタート時は外来とリハビリ専門であっても、将来的には入院設備も完備して規模を拡大するのが、整形外科の開業医の夢です。クリニック経営のコンサルタントを活用して、駐車スペースと検査スペースが十分に確保できる、広めの賃貸物件を見つけるのがポイントです。面積が50坪以上の開業医向けの賃貸オフィスに入居すると、患者の検査や処置なども十分に行えるので、早期に経営を軌道に乗せられるでしょう。しかしクリニックの経営を始めた直後から、入院設備の完備した病院の建設に向けて、計画的に準備を進めることも重要です。ベッド数50前後の病院を建設する場合には、銀行の融資を活用する必要があるので、財務内容を盤石にすることが当面の課題です。手術や検査の技術も着実に進んでいるので、開業医にとっては新しい知識を吸収することも重要であり、設備投資も積極的に行うのが理想的です。更に小規模なクリニックから、中規模の病院に経営を拡大するプロセスでは、人材の確保と育成に取り組むことが大きなテーマです。これまでの経験を活かして、開業医自身が人材募集と研修を行う方法もありますが、派遣会社などのサービスを利用するのが効率的です。看護師の派遣サービスや非常勤の医師を紹介する会社の活用が、即戦力となる人材を確保して、経営を成功させる秘訣です。