事業譲渡するメリット|新たな経営者を決める

ウーマン

顧客誘致の仕組みを作る

女の人

複数マーケティングを統合

本来は内に向かうという意味の英語だったインバウンドという言葉は、現在では外来語としてさまざまな分野で使われています。その中でも最も多く利用されているのは訪日外国人客の誘致活動などに使われる意味で、インバウンド政策など行政用語としての利用例が顕著です。この他にもネットワーク用語やマーケティング用語でもインバウンドが使われていますが、多くの企業にとってはマーケティング分野が深い関わりを持ちます。行政用語としてのインバウンドでも誘致は重要なキーワードですが、インバウンドマーケティングでは見込み客を顧客へと育てていく過程での誘致活動が重きをなしています。特にWebマーケティングにおいては集客のために多彩な手法が乱立しており、どれが最も効果的な集客手段なのかわかりにくくなっている面も否めません。SEO対策を施したブログでの情報発信やSNSを通じた情報共有・拡散も効果的ですが、リスティング広告や動画・メルマガも含めた複数の手法と組み合わせることで集客力はさらに強化されます。インバウンドマーケティングはこれら複数のWebマーケティングを統合することで見込み客を自社サイトへと多く誘致し、その中から効率的に優良顧客を育てていく手法です。アウトバウンドマーケティングとして総称されるダイレクトメールやテレビCM・バナー広告などは、一般消費者から敬遠されるようになりました。必要な情報を消費者がいつでもインターネットで検索できるようになった今の時代にあっては、価値ある情報の発信から始めるインバウンドマーケティングの方が効果的なのです。そのためにはサイト訪問客から有用なリード情報を得る仕組みや、そのリード情報を有効活用して顧客へと育成していくための仕組み作りも欠かせません。見込み客から認知されることから始め、調査・比較の段階を経て顧客化へと至る一連の手法がインバウンドマーケティングなのです。