事業譲渡するメリット|新たな経営者を決める

男の人
ドクター

整形外科医の独立の手法

整形外科医が開業医として独立する場合には、面積が広い賃貸物件を確保して、治療とリハビリの体制を充実させることが重要です。早期に経営を軌道に乗せることが、事業規模を拡大するための基本であり、銀行融資も賢く利用するのがポイントです。

女の人

顧客誘致の仕組みを作る

一般的には訪日外国人観光客の誘致といった意味で使われることの多いインバウンドは、多義的な意味を持つ外来語でもあります。マーケティング分野で使われるインバウンドとは、見込み客を誘致して顧客に育てるための手法です。ブログやSNSなどの手法を統合することで、インバウンドマーケティングの効果が高まるのです。

株主総会の招集と株主確定

握手

決議内容や手続き

事業譲渡に際して、株主総会の招集の決定は取締役会で行われ、そこでは総会の日時や場所、議題、議案などを定めます。株主総会では、事業譲渡契約書そのものを決議するのではありません。譲渡対象となる事業の範囲、取引相手、条件、その他重要な事項を決議することになります。株主総会の招集通知には、総会で決議すべき事業譲渡に関する議案の要領を添付することが要求されます。株主総会の開催は、定時でも臨時でも構いません。実務上は時間的な面から、臨時株主総会を開催することが多いといえます。株主総会で議決権を行使する株主を確定する手続きが必要となりますが、定時総会の場合は、会社の定款に基づいて株主を確定できます。臨時総会の場合は、取締役会の決議で決定された方法に基づいて株主を確定します。ちなみに決定された方法とは、一定期間株主名簿の名義書換を停止する方法や、基準日現在の株主名簿に記載されている株主とする方法です。そのためには、名簿閉鎖期間開始前あるいは基準日前2週間前までに公告することが必要になります。名簿閉鎖期間または基準日から権利行使日までの期間は、最長でも3ヶ月を超えることはできません。オーナー系の中堅企業が事業譲渡を行う場合、オーナー一族で大半の株式を所有していることと、株式の譲渡制限がついていることが多いです。そのため、名簿書換停止や基準日を設けなくても議決権を行使できる株主は確定しているため、手続きを省略することが可能となります。

弁当

高齢者向け配食サービス

まごころ弁当は高齢者向け配食サービスのフランチャイズで、開業時の加盟費やロイヤリティが不要なため、初期投資を抑えることができます。まず説明会に参加し、契約を結んだら市場調査や店舗の準備を済ませ、研修を終えて開業となります。